メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第99回全国高校野球

地方大会 西東京 東海大菅生、17年ぶり

甲子園出場を決め、マウンドで喜び合う東海大菅生の選手たち=神宮球場で30日、佐々木順一撮影

 第99回全国高校野球選手権(日本高校野球連盟など主催)の西東京大会の決勝が30日、東京都新宿区の神宮球場で行われ、東海大菅生が6-2で早稲田実を降し、17年ぶり3回目の優勝を決めた。高校通算107本塁打と「歴代最多」に並んでいた早稲田実の清宮幸太郎選手(3年)は記録更新はならなかった。

 東海大菅生は同点の五回、相手の失策に片…

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  3. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです