メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

南三陸で野球教室 被災地支援で日通選手ら /宮城

関本憲太郎選手(右)から打撃のアドバイスを受ける気仙沼高の高橋丈さん=南三陸町歌津で

 東日本大震災で大きな被害が出た南三陸町で9日、社会人野球の強豪チーム、日本通運(さいたま市)による野球教室が開かれ、地元2高校(気仙沼、志津川)の球児たち約30人が参加した。

 震災後、被災地支援のためスタートした「東北復興野球交流試合・教室」(日本野球連盟、毎日新聞社主催)の一環。会場の「楽天イーグルス平成の森球場」(同町歌津)では、今年の都市対抗野球大会で準優勝した日本通運の選手やスタッフ計36人が駆けつけ、約1時間…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  4. 米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです