メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

「次も一球一球丁寧に」花咲徳栄・綱脇

【花咲徳栄-開星】花咲徳栄の先発・綱脇=阪神甲子園球場で2017年8月10日、猪飼健史撮影

 〇花咲徳栄(埼玉)9-0開星(島根)●(10日・甲子園、1回戦)

 立ち上がりからリリースポイントが合わない。「調子は良くなかった」。一回1死一、二塁。4番・上田を直球で併殺に仕留めてピンチを切り抜けると、二回以降は体が前に突っ込んでいるのを修正し、尻上がりに調子を上げた。

 埼玉大会同様、救援の背番号1の清水に九回のマウンドを譲ったものの、8回を無…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです