メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

天理主砲・神野2打席連続弾 大垣日大降す

【大垣日大-天理】二回裏天理無死、神野が中越え本塁打を放つ(捕手・都筑)=阪神甲子園球場で2017年8月13日、平川義之撮影

 第99回全国高校野球選手権大会は第6日の13日、2回戦4試合。第1試合は大垣日大(岐阜)と天理(奈良)が対戦。奈良大会で打率5割を超えた主砲・神野の2打席連続本塁打などで天理が大垣日大に快勝、3回戦に進んだ。

 〇天理(奈良)6-0大垣日大(岐阜)●(13日・甲子園、2回戦)

 神野の2打席連続本塁打で勢いづいた天理が快勝した。二回に神野がチーム初安打となる先制ソロ。四回は神野のソロと森本の適時打で、五回は杉下の適時三塁打と太田の犠飛で2点ずつを加えた。左腕・坂根は要所を締めて完封。大垣日大は先発・修行が直球で押しすぎた。打線は9安打を放つも、つながりを欠いた。

 天理・中村良二監督 坂根を捕手の城下がしっかりリードしてくれた。先制、中押し、だめ押しを取ろうと言ってきた。想像以上の出来で100点満点。

 大垣日大・阪口慶三監督 やることなすこと全てうまくいかなかった。バットの軌道は合っていたが、芯を外された。一回(の好機)に1本出ていれば。

 ○…背番号17の2年生左腕・坂根が大仕事をやってのけた。前夜に先発を告げられ「完封するつもりだった」。フォームのバランスを崩して制球が定まらず、毎回許した走者を得点圏に背負ったのは9イニング中5度。それでも投球のテンポを変え、低めに球を集めて打たせて取った。結局、被安打9ながら本塁は踏ませず、「公式戦で投げきったのは初めて。甲子園のマウンドは気持ち良かった」と満足そうに振り返った。

 ○…大垣日大は毎回走者を出しながら好機で1本が出なかった。4番・宮坂は「狙い球を絞れなかった」と悔しがった。自身を含め左打者が4人も並ぶため、相手先発は左腕・坂根と予想していた。だが、一回1死一、二塁の先制機で内角寄りの直球に詰まらされて三邪飛に倒れるなど4打数無安打。「外角中心の配球というデータだったのに、インコースをうまく使われて対応できなかった」と、主軸としての責任をかみしめた。

個人2打席連続本塁打=大会タイ

 天理の神野太樹外野手(3年)が大垣日大戦の二回に中越えソロ、四回に左中間ソロを放って達成。第99回大会で神戸国際大付の谷口嘉紀外野手が北海戦で記録して以来33人目(35回目)。

関連記事

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

8月23日の試合

話題の記事

関連サイト