メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

三本松が甲子園初勝利 粘る下関国際降す

【三本松-下関国際】二回表三本松1死、渡辺が左中間本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2017年8月13日、猪飼健史撮影

 第99回全国高校野球選手権大会は第6日の13日、2回戦4試合。第2試合は三本松(香川)と下関国際(山口)が対戦。小刻みに得点を重ねた三本松が初出場の下関国際の追い上げをかわし、うれしい春夏通して初の甲子園勝利で3回戦に進んだ。

 〇三本松(香川)9-4下関国際(山口)●(13日・甲子園、2回戦)

 三本松が走者を出したイニングは確実に得点につなげた。一回、先頭の大久保が三塁打で出塁し、多田の遊ゴロで1点を先取。二回は渡辺のソロ本塁打、四回は渡辺の犠飛と浦上の適時打で加点した。六回は渡辺、下地の適時打などで計3点。下関国際は五回に植野の適時打で反撃し、八回まで1点ずつ返したが、及ばなかった。

 三本松・日下広太監督 選手が気後れすることなくバットを振ってくれた。集中して点を取る姿勢を感じた。…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです