メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

甲子園 明豊、浜田選手一発 シーソーゲーム決着 /大分

坂井を破り、校歌を歌う明豊の選手たち

 県勢として6年ぶりの初戦突破だ。夏の甲子園第6日の13日。県代表の明豊は福井代表の坂井と接戦を繰り広げ、7-6で逆転勝利をつかみ取った。最後の打者を三振に抑えた瞬間、一塁側アルプススタンドからは「よっしゃ」と喜びの声が飛び交い、久しぶりの県勢勝利に大きな拍手が送られた。次戦の3回戦は大会第10日(17日)第3試合。14日に戦う京都成章(京都)と神村学園(鹿児島)の勝者と対戦する。【尾形有菜、礒野健一】

この記事は有料記事です。

残り1756文字(全文1959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです