メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球 第7日見どころ 済美と津田学園、打撃戦か

第4試合で対戦する済美と津田学園。初戦で本塁打を放った<右>済美の橋本と<左>2安打を放った津田学園の宮木

第99回全国高校野球選手権大会第7日(14日・甲子園)

(左が一塁側)

 ○…2回戦…○

 ▽第1試合(8時)

京都成章(京都)-神村学園(鹿児島)

 神村学園は青柳、俵森の両左腕と右腕・中里らをそろえ、投手層が厚い。京都成章は地方大会49回で60奪三振の右腕・北山で対抗する。

 ▽第2試合(10時半)

高岡商(富山)-東海大菅生(西東京)

 東海大菅生の右腕・松本は西東京大会決勝で清宮を擁する早稲田実に2失点完投。2季連続出場の高岡商は左腕・土合の粘りが欠かせない。

 ▽第3試合(13時)

青森山田(青森)-彦根東(滋賀)

 1回戦サヨナラ勝ちの彦根東が勢いで上回る。49代表の最後に登場する青森山田は地方大会3本塁打の4番・阿部を中心に強打を発揮できるか。

 ▽第4試合(15時半)

済美(愛媛)-津田学園(三重)

 ともに初戦は2桁安打で、打撃戦が予想される。済美は2本塁打と長打力で上。津田学園はともに2安打の菊地、宮木の1、2番が鍵を握る。

関連記事

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

8月23日の試合

話題の記事

関連サイト