メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スコアブック

第99回全国高校野球 本塁打数、更新の勢い

 今大会はハイペースで本塁打が生まれている。3日連続で2打席連続本塁打が飛び出すなど、26試合で既に前回大会に並ぶ37本塁打。このペースでいけば、決勝までの48試合で計68本となる計算だ。過去最多の第88回大会(2006年)の60本を上回る勢いで、「打高投低」の様相を見せている。

 科学トレーニングの発達で近年、150キロ台をマークする投手は高校生でも珍しくない。それだけに、速球派対策として打撃重視の姿勢を見せるチームが増えている。

 済美は今大会2試合ですでに4本塁打を放ち、なかでも亀岡が3発。中矢監督は練習から「本塁打を打てないと使わない」が持論で、練習では1・1キロのバットを振り込ませる。浜風の力を借りなくても放物線を描くような高い飛球でスタンドまで運んでしまう力はその成果だろう。「一発の破壊力を重視してきた」と言うのは3年連続出場の花咲徳栄・岩井監督。第97回大会(15年)では東海大相模・小笠原(現中日)、前回大会は作…

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです