メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

中京大中京マネジャー、広陵を応援 

広陵の先制に涙をにじませる永田葵さん=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2017年8月17日午前10時11分、中村紬葵撮影

 第99回全国高校野球選手権大会は第9日の17日、第1試合に臨んだ広陵(広島)の応援席には、1回戦で対戦した中京大中京(愛知)のマネジャーを務めた永田葵さん(3年)の姿があった。1回戦後、広陵の中井哲之監督から「君たちの分まで頑張る」と言葉をかけられ、「次の試合の応援に行かなければ」と愛知県から駆けつけた。

 チケットを手に入れるため前日に家族と関西入り。ホテルは確保できておらず球場周辺での徹夜も覚悟していたが、中京大中京の宿舎だったホテルが受け入れてくれた。未明からチケット売り場に並び、やっとの思いで応援席に入った。

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 高知市の30代女性看護師が感染 高知県で初確認

  3. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  4. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  5. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです