メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

広陵・中村が最多6本塁打…清原超える

【広陵-天理】五回表広陵無死、中村が中堅左への本塁打を放つ(捕手・城下)=阪神甲子園球場で2017年8月22日、山崎一輝撮影

甲子園準決勝、32年ぶり更新

 第99回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は第13日の22日、阪神甲子園球場で準決勝2試合があり、広陵(広島)の中村奨成捕手(3年)が天理(奈良)戦の五回までに2本塁打を放ち、大会通算本塁打を6に伸ばして1…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです