メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

延長戦で競り勝ち花咲徳栄 初の決勝戦進出

【花咲徳栄-東海大菅生】十一回表花咲徳栄2死二、三塁、高井が右越え2点二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2017年8月22日、猪飼健史撮影

 第99回全国高校野球選手権大会は第13日の22日、準決勝2試合。第2試合は花咲徳栄(埼玉)と東海大菅生(西東京)の関東勢同士の対戦。今大会6度目となる延長戦にもつれ込んだ試合は、延長十一回に勝ち越した花咲徳栄が競り勝って初の決勝戦に進んだ。

 〇花咲徳栄(埼玉)9-6東海大菅生(西東京)●(延長十一回 22日・甲子園、準決勝)

 花咲徳栄が2番手・清水の好投で中盤から流れを引き寄せ、粘る東海大菅生を振り切った。四回途中に救援した清水は球威があり、制球も良く、延長十一回まで2失点。打線は同点の八回、岩瀬の左翼線2点二塁打で勝ち越し、その後は追いつかれたものの、十一回に高井の右越え2点二塁打と暴投で3点を奪った。東海大菅生は九回に田中の2点二塁打で同点としたが、今大会初登板の3番手・山内が2イニング目に捕まった。

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです