メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

花咲徳栄が優勝 埼玉県勢として初

【花咲徳栄-広陵】初優勝しグラウンドで喜び合う花咲徳栄の選手たち=阪神甲子園球場で2017年8月23日、山崎一輝撮影

 第99回全国高校野球選手権大会は最終日の23日、阪神甲子園球場で決勝を行い、3年連続5回目出場の花咲徳栄(埼玉)が3年ぶり22回目出場の広陵(広島)を14-4で降し、春夏通じて初優勝を飾った。

 花咲徳栄は全6試合2桁安打となる16安打を放ち、継投で広陵の追い上げをかわした。関東勢は夏の選手権で3連覇。広陵は1大会個人最多本塁打記録を更新する6本塁打を放った中村が3安打したものの打点を挙げられず、4回目の決勝でも夏の初優勝を果たせなかった。今大会の総入場者数は前回より1万人少ない82万7000人だったが、10年…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  3. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  4. 「真の文武陵」異例の成果 奈良・中尾山古墳 陵墓指定なく調査可能

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです