メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

花咲徳栄が優勝 埼玉県勢として初

【花咲徳栄-広陵】初優勝しグラウンドで喜び合う花咲徳栄の選手たち=阪神甲子園球場で2017年8月23日、山崎一輝撮影

 第99回全国高校野球選手権大会は最終日の23日、阪神甲子園球場で決勝を行い、3年連続5回目出場の花咲徳栄(埼玉)が3年ぶり22回目出場の広陵(広島)を14-4で降し、春夏通じて初優勝を飾った。

 花咲徳栄は全6試合2桁安打となる16安打を放ち、継投で広陵の追い上げをかわした。関東勢は夏の選手権で3連覇。広陵は1大会個人最多本塁打記録を更新する6本塁打を放った中村が3安打したものの打点を挙げられず、4回目の決勝でも夏の初優勝を果たせなかった。今大会の総入場者数は前回より1万人少ない82万7000人だったが、10年…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 宮城、復興住宅全て完成 1万5823戸 被災3県で初
  2. プーチンのロシア ウクライナ危機5年/7 改革の誓いむなしく
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです