メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

大会初三振 広陵6本塁打中村「完敗です」

初優勝を決め喜ぶ花咲徳栄の選手たちを見る広陵の中村(右)=阪神甲子園球場で2017年8月23日、山崎一輝撮影

 〇花咲徳栄(埼玉)14-4広陵(広島)●(23日・甲子園、決勝)

 大会最多6本塁打を放った中村の一発が広陵打線の起爆剤だった。しかし、この日は主砲の前に走者がたまらず、中村も二塁打2本を含む3安打を放ちながら、打点ゼロで2三振。攻撃のリズムをつかめないまま、相手の攻撃力に圧倒されて中盤で勝負は決した。

 中村は三回1死無走者で打席に入ったが、花咲徳栄・綱脇の緩急にタイミングをつかめなかった。序盤は計測…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  2. なぜ女性専用車両は必要か TV番組が炎上、「マナー」「トラブル」特集で

  3. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

  4. 奈良の不明高1女子、大阪で保護 けがなし

  5. 奈良で不明の女子高生保護、誘拐容疑で姉ら男女3人を逮捕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです