メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

清宮くん、プロか進学か 即プロで課題克服/大学で人脈作りを/理想は「大谷コース」

高校通算108本目となる本塁打を放った清宮幸太郎選手=千葉県内で2017年8月25日、中村藍撮影

 早稲田実・清宮幸太郎選手の季節は、夏が過ぎても終わらない。甲子園出場は逃したものの、高校通算でホームランは最多記録の109本。高校球界の「怪物」の進路に熱い視線が注がれている。【鈴木梢】

 夏の甲子園のグラウンドに、清宮選手の雄姿はなかった。ホームランが量産された今大会。スタンドに放物線が描かれるたびに、清宮選手を思い浮かべた人がいる。「清宮であれば投手が右腕でも左腕でも、豪快なホームランを打っただろうと強く思いました。ミート力は抜群。後輩だから褒めるのではなく、高校生の中では間違いなくトップですよ」

 こう話すのは、1980年の夏、早実の1年生投手として甲子園準優勝を果たした荒木大輔さん(53)。プ…

この記事は有料記事です。

残り2354文字(全文2657文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. スワン型うきわ 目を離さないで 行楽シーズン、注意呼びかけ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです