メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第2部 少子・格差時代に/2 県外へ「留学」増加 沖縄が人材供給源に

大会後、ミーティングを行う育成会のチーム。ここから2選手が松山聖陵に進学した

 甲子園出場やよりよい指導、練習環境を求めて県外の高校に進学する「野球留学」は増加傾向にある。日本高校野球連盟の調査によると、2016年夏の地方大会でベンチ入りした選手のうち、県外中学の出身者は3873人で、06年と比べて2割増だった。

 なかでも近年急増しているのが、沖縄県からの野球留学だ。沖縄県以外の高校での沖縄県出身者のベンチ入りは、06年の14人から16年は54人まで増加した。野球人口の多い大阪府などから地方の高校へ野球留学するのがこれまでの傾向だったが、人口約140万人の沖縄が新たな供給源になっている。

 沖縄からの野球留学を説明する上で欠かせないのが「育成会」。中学の軟式野球部を夏に引退した3年生で地…

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1187文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです