メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第2部 少子・格差時代に/5止 親のリスクマネジメント 文武両道追い求め

慶大での野球生活まで見据えて野球に打ち込む選手。左から副主将の森野、主将の新美貫太=浅妻博之撮影

 甲子園が全てではない。そう考える選手や親は増えている。

 慶応(神奈川)で副主将を務めた森野壮真(3年)は、中学時代にシニアの日本代表に選ばれた経歴を持つ。進学の際には特待生の条件を付けた高校もあったが、大学とユニホームが同じ「KEIO」を選んだ。「大学や就職まで考えれば、ベストな選択」と判断したからだ。

 慶応の部員は100人を超える。甲子園を狙えるだけでなく、事実上、慶大に進めるのも魅力の一つだ。

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1067文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです