メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風18号

特急運休、フェリー欠航 江津など避難所開設 /島根

列車の運行状況の説明に追われる駅員=JR松江駅で、前田葵撮影

[PR]

 大型の台風18号の接近で県内は17日、出雲空港、萩・石見空港の発着便、隠岐汽船のフェリー、高速船が相次いで欠航、JRの特急が運休するなど交通に影響が出た。イベントの中止も相次いだ。【前田葵、山田英之】

     松江地方気象台によると、18日午後6時までの24時間降水量は、多い所で県東部120ミリ、県西部150ミリ、隠岐120ミリと予想される。

     JR西日本米子支社によると、山陰線の特急やくもの他、木次線、三江線でも運休が出た。影響は約1万8000人にのぼる見込み。

     松江市のJR松江駅では、払い戻しや18日の列車を予約する人らが窓口に列を作った。観光で松江市を訪れた埼玉県越谷市の会社員の男性(43)は、「特急が動くか確認に来た。今日中に帰らないといけないので動いてほしい」と話した。旅行で鳥取に行く途中だったという広島市の無職の男性(80)は「特急で鳥取駅まで行くつもりだったけれど、米子からレンタカーで鳥取まで行く」と少し疲れた様子だった。

     出雲空港では東京、大阪、福岡、隠岐便で欠航があった。萩・石見空港は始発から全便欠航になった。隠岐汽船のフェリー、高速船は終日欠航した。高速バスは大阪、岡山、広島、鳥取の各線が運休になった。

     江津、浜田、益田、吉賀、海士の各市町などは避難所を開設した。一部の避難所で住民が自主避難した。

     県高校秋季野球大会(県高野連など主催)の1次大会は、県立浜山、江津市民、益田市民の3球場計6試合を18日に順延した。

     来月末まで開催中の松江城周辺をライトアップする光のイベント「松江水燈路」は安全を考慮して18日まで中止。飯南町で竹を使って炊飯する「竹でアウトドアー」、安来市加納美術館近くで開催予定だった立体切り絵作家の講演会も中止になった。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

    2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

    3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

    4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

    5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです