メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

九州地区大会 県予選 4強に鶴崎工、三重総合 /大分

[PR]

 第141回九州地区高校野球大会県予選(県高野連主催)は25日、準々決勝2試合が大分市の別大興産スタジアムであり、鶴崎工と三重総合が4強入りを果たした。鶴崎工が猛攻を見せて楊志館に9-1でコールド勝ちし、三重総合は初回に4点を先取して勢いに乗り、佐伯鶴城を7-2で破った。26日は同スタジアムで準々決勝の残り2試合が行われ、ベスト4が出そろう。第1試合(午前10時)は藤蔭と日本文理大付、第2試合(午後0時半)は大分舞鶴と明豊が対戦する。【尾形有菜】

 ▽準々決勝

楊志館 0001000=1

鶴崎工 303300×=9

 (七回コールド)

 (楊)柳井、利光-上島

 (鶴)北田、川原、疋田-西原

▽三塁打 板井、西原2、足立(鶴)

▽二塁打 福山(楊)矢野、西原、山本、山下(鶴)

三重総合

  400010020=7

  000000110=2

佐伯鶴城

 (三)小倉、三宮、小倉、三宮-井野

 (佐)大神-河野

▽三塁打 桑元(三)大神(佐)

▽二塁打 井野、佐用(三)河野(佐)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 旧基準ならもう赤信号…危険水域分かりにくい「大阪モデル」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです