メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

九州地区大会 県予選 明豊、3季連続12回目V 九回4連打勝ち越し /大分

【明豊-鶴崎工】九回表明豊1死一塁、二塁打を放って好機を広げた浜田太貴選手(2年)

[PR]

 第141回九州地区高校野球大会県予選(県高野連主催)の決勝が1日、大分市の別大興産スタジアムであり、明豊が3季連続12回目の優勝を果たした。来春のセンバツ出場校の選考資料となる九州大会(21日から宮崎県で開催)には、明豊と鶴崎工の2校が出場する。【尾形有菜】

 打撃力を発揮した明豊が九回に4連打で勝ち越し、逃げ切った。

 2点を追う二回、清水翔吾選手(2年)の右前適時打で1点を返した。四回には「ここは自分が決める」と管大和選手(同)が外角の直球を左前に運んで同点に。試合を振り出しに戻した。

 後半は互いに一歩も譲らず、九回へ。管選手が中前打で出塁し、この試合三つ目の盗塁で二進。続く若杉雅己選手(同)は2ストライクに追い込まれたが「とにかく芯に当てる」とフォームをコンパクトにしてスイング。左前適時打で1点を加え、勝ち越した。続く好機で坂井敦史選手(同)が犠飛で三走を還した。最後は九回裏から登板した寺迫涼生投手(1年)が三者凡退に抑えた。

 試合後、管主将は「経験を積み、少しずつ強くなっているという実感がある。まずは勝てて良かった」と話し、川崎絢平監督は「優勝できたことでチームに自信がつき、練習でも活気が出る。九州大会までに守備や走塁など細かいミスを修正したい」と意気込みを語った。

 鶴崎工は、初回に矢野暖己、西原大輝両選手(いずれも2年)の連打などで2点を先取するも、後半は相手の継投に交わされた。

3位決定戦は日本文理大付

 日本文理大付が12安打の猛攻でコールド勝ちした。1点を先取し、三回は広瀬良太郎選手(2年)から連打など打者一巡の攻撃で4点を加えた。七回には翁長佳辰選手(1年)の適時三塁打などで3点を追加し、試合を決めた。三重総合は7安打を放つも好機に一本が出なかった。


 ▽決勝

明豊  010100002=4

鶴崎工 200000000=2

 (明)前田、寺迫-若杉

 (鶴)北田-西原

▽二塁打 坂井、浜田(明)長野(鶴)

 ▽3位決定戦

日本文理大付

  0140013=9

  0000000=0

三重総合

 (七回コールド)

 (日)広瀬-蛭子

 (三)竹尾、三宮-井野

▽三塁打 翁長(日)▽二塁打 平田(日)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. 京都新聞記者が滋賀県を異例の提訴 旧優生保護法の関連文書開示求め

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 石破氏、他派閥に秋波 「これが最後の挑戦」次期総裁選にらみ支持固め

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです