メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

県2次予選 準決勝 日高中津、接戦制す 智弁和歌山と決勝へ /和歌山

【智弁和歌山-箕島】五回を被安打2、完封勝ちした智弁和歌山の平田投手=和歌山市毛見の県営紀三井寺球場で、木原真希撮影

 秋季近畿地区高校野球大会県2次予選は7日、和歌山市毛見の県営紀三井寺球場で準決勝2試合があった。智弁和歌山は箕島に五回コールド勝ち、日高中津は和歌山東との接戦を制した。決勝に進出した両校は、県代表として21日に大阪市の大阪シティ信用金庫スタジアムで開幕する近畿大会に出場する。

 県2次予選最終日の8日は、3位決定戦(午前11時半)と決勝(午後2時)が、紀三井寺球場である。【木原真希】

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文883文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 埼玉栄敗れる 浦学、花咲徳栄など8強 /埼玉

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]