メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

えひめ国体

陸上100メートル成年男子、多田が初V 10秒22

成年男子100メートル決勝、10秒22で優勝した多田(中央)=山崎一輝撮影

 国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」第8日は7日、松山市のニンジニアスタジアムなどで18競技が行われ、陸上100メートルの成年男子は多田修平(大阪・関学大)が10秒22で初優勝、同女子は名倉千晃(三重・NTN)が11秒63で勝った。

 少年女子Bは御家瀬緑(北海道・恵庭北高)が11秒83で制した。準…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文336文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 埼玉栄敗れる 浦学、花咲徳栄など8強 /埼玉

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]