メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季東海地区高校野球大会

出場チーム紹介/上 各県1位校 /愛知

12校が参加し21日開幕

 来春のセンバツ出場校を選出する際の重要な参考資料となる第70回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高野連主催、毎日新聞社など後援)が21日、岡崎市民球場など県内2球場で開幕する。愛知、岐阜、三重、静岡の県大会を勝ち抜いた各3チームが出場する。開幕を前に出場校を紹介する。

    連続32勝、無敗の新チーム 東邦 2年ぶり35回目

    梅田昂季選手

    [PR]

     新チーム結成後、練習試合も含め32勝無敗で県大会優勝を決めた。

     森田泰弘監督が「一番成長した」と評価するのが梅田昂季選手(2年)。県大会準決勝、決勝で2試合連続本塁打を放ち、優勝に貢献した。昨冬から「本塁打を打てるようになりたい」とスクワットや居残りのティーバッティングに励み、体重も10キロ増やした。

     主戦の扇谷莉投手(同)は187センチの長身から140キロ超の直球と角度のあるスライダーを投げる。県大会では制球に乱れがあったが、西有喜投手(同)との二枚看板で相手を寄せ付けない試合展開を作ってきた。森田監督は「東海大会は通過点。必ず優勝してセンバツ出場を目指したい」と意気込んでいる。【横田伸治】

     <愛知県大会の成績>

    決勝    9-1 愛産大三河

    準決勝   5-3 桜丘

    準々決勝 10-0 安城

    躍進のカギ握る3選手 中京学院大中京 2年ぶり22回目

    定本拓真投手

     切れ目のない打線が特徴。県大会決勝で本塁打を含む3安打3打点と大当たりした恒川文秀(2年)、1・2番コンビの西尾歩真(同)、林隼汰(同)の3選手の活躍がチーム躍進のカギを握る。県大会は3人で14打点をたたき出した。

     投手陣は、中学時代にU15(15歳以下)ワールドカップ日本代表にも選ばれた本格左腕の不後祐将投手(1年)が注目だ。県大会は4試合で自責点3と安定した投球を見せた。後藤里玖斗投手(同)も控え、投手層は厚い。

     橋本哲也監督は「県大会決勝は東海大会出場が決まっていたので気の緩みもあった。もう一度鍛え直して、全力でぶつかりたい」と決意を新たにする。【沼田亮】

     <岐阜県大会の成績>

    決勝   8-2 大垣西

    準決勝  8-5 市岐阜商

    準々決勝 8-5 県岐阜商

    継投の出来が勝敗の鍵 三重 3年連続31回目

    恒川文秀選手

     投手層が厚く、継投が試合のカギを握る。県大会決勝は、主将で主戦の定本拓真(2年)、山本大雅(同)、福田桃也(同)、吉井洸輔(同)の4投手の継投で延長十一回のシーソーゲームを制した。

     定本投手は3試合で11回を投げて3失点、12奪三振と力投した。小島紳監督も「調子に合わせて組み立てを修正できる頼もしいエース」と信頼を置く。バックも4試合で失策2と堅守で援護した。

     打線は1番の俊足の梶田蓮選手(同)と、巧打者の9番の井上祐斗選手(同)が流れをつくる。

     2014年夏の甲子園で準優勝した実力校。4年ぶりのセンバツ出場に向け、小島監督は「今年は守備のチーム。守り勝つ」と誓う。【森田采花】

     <三重県大会の成績>

    決勝   8-7 いなべ総合

    準決勝  8-0 四日市工

    準々決勝 3-1 菰野

    自分たちは挑戦者である 静岡 2年連続23回目

    鈴木翔也投手

     昨秋の東海大会で優勝を果たし、今春のセンバツで16強入りした県内屈指の強豪校。今夏の静岡大会では準決勝で敗れ、「自分たちは挑戦者である」を合言葉に雪辱を期す。

     「5点までの失点は想定内。それ以上に野手が得点する」と栗林俊輔監督。県大会では4試合中3試合が逆転勝ち。鈴木翔也投手(2年)ら投手陣が試合のペースを作り、1番・村松開人選手(同)、3番・黒岩陽介選手(同)らを中心に得点を奪う。決勝で2点本塁打を放った7番・山本貫太選手(同)ら下位にも長打を狙える選手がそろう。

     栗林監督は「新チームの形が見えてきた。やるべきことをやれば東海大会でもチャンスはある」と意気込む。【大谷和佳子】

     <静岡県大会の成績>

    決勝   9-7 常葉大菊川

    準決勝  9-4 静岡市立

    準々決勝 6-3 知徳

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

    2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

    3. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

    4. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

    5. 転落死 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです