メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

ドラフトの主役候補

=藤井達也撮影

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が26日午後5時から東京都内で開かれる。最大の注目は、高校球界屈指のスラッガー、清宮幸太郎内野手(東京・早稲田実高)に何球団が競合するのか。今夏の甲子園で6本塁打の大会記録を樹立した中村奨成捕手(広島・広陵高)ら将来性豊かな逸材もそろう。高校、大学、社会人を代表するドラフト指名有力選手を紹介する。

 プロ志望届提出後の2日、10球団と面談した。50人以上の報道陣を目の当たりにしたある球団のスカウトは「後にも先にもこんな選手はいないんじゃないですか」と語ったほどだった。注目度は群を抜いている。

この記事は有料記事です。

残り2403文字(全文2670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  2. ORICON NEWS 竹内結子、第2子出産後初の公の場 息子の成長に感慨

  3. 「性暴力被害者の声をつぶすな」フラワーデモ主催者らオンラインで緊急集会 杉田議員発言に抗議

  4. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  5. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです