メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季九州地区高校野球大会

鶴崎工、初戦敗退 神村学園に五回0-12 /大分

試合終了後、応援スタンドに向かって一礼をする鶴崎工の選手たち

[PR]

 第141回九州地区高校野球大会は23日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎などで1、2回戦の5試合があった。鶴崎工は初戦で神村学園(鹿児島)と対戦し、0-12でコールド負けした。明豊は24日に鹿児島実と対戦する。【佐野格】 ▽2回戦

鶴崎工  00000=0

神村学園 0372×=12

 (五回コールド)

1安打「完敗」

 鶴崎工は先発の北田圭佑投手(2年)が三回に相手打線につかまり、継投するもその回は暴投も重なって10点差をつけられた。反撃の機会をうかがうも、神村学園の継投策に抑え込まれ、板井龍二選手(2年)が放った1安打のみと攻めあぐねた。鶴崎工の伊藤弘明監督は「完敗だった。エラーをしたところにうまく点を取られてしまった。まずは一人一人のやるべきことを徹底したい」と話した。【田崎春菜】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. 瀬戸康史さんと山本美月さん結婚発表 インスタで「お互いに大切な存在」

  5. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです