メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

清宮、阪神なら65億円 経済効果も特大ホームラン!? 関西大名誉教授、試算

26日のドラフト会議の行方が注目される清宮選手=神宮球場で7月、藤井達也撮影

 高校球界屈指のスラッガー清宮幸太郎選手(早稲田実高)が阪神に入団し活躍すれば、経済効果は過去最大級の年間約65億円--。経済学者の宮本勝浩・関西大名誉教授がこんな試算を公表した。過去に試算した斎藤佑樹投手の日本ハム入り(52億円)や藤浪晋太郎投手の阪神入り(44億円)、田中将大投手の楽天入り(35億円)を大きく上回るという。26日の新人選手選択(ドラフト)会議の行方が注目される。

 清宮選手は歴代最多の高校通算111本塁打を記録し、複数球団の1位指名が確実視され、過去最多だった野…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  5. EU離脱 「氷の女王」誤算 メイ首相が辞任表明

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです