メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季四国地区高校野球大会

明徳義塾、逆転V2 2-1、英明を降し9回目 監督・主将の話 /徳島

ミス出て焦りも 明徳義塾・馬淵史郎監督

 市川が抑えていれば勝機はあると思っていた。ミスでこちらに焦りが出てしまい、重苦しい雰囲気になっていた。明治神宮野球大会では、決勝まで進みたい。

明徳らしく戦う 明徳義塾・庄野太喜主将

 今大会先制されることがなかったので苦しかった。安打は出たが、点につながらなかった。明治神宮では守…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです