メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季四国地区高校野球大会

明徳義塾、逆転V2 2-1、英明を降し9回目 監督・主将の話 /徳島

ミス出て焦りも 明徳義塾・馬淵史郎監督

 市川が抑えていれば勝機はあると思っていた。ミスでこちらに焦りが出てしまい、重苦しい雰囲気になっていた。明治神宮野球大会では、決勝まで進みたい。

明徳らしく戦う 明徳義塾・庄野太喜主将

 今大会先制されることがなかったので苦しかった。安打は出たが、点につながらなかった。明治神宮では守…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです