メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季四国地区高校野球大会

明徳義塾、逆転V2 2-1、英明を降し9回目 監督・主将の話 /徳島

ミス出て焦りも 明徳義塾・馬淵史郎監督

 市川が抑えていれば勝機はあると思っていた。ミスでこちらに焦りが出てしまい、重苦しい雰囲気になっていた。明治神宮野球大会では、決勝まで進みたい。

    明徳らしく戦う 明徳義塾・庄野太喜主将

     今大会先制されることがなかったので苦しかった。安打は出たが、点につながらなかった。明治神宮では守備からリズムを作り、明徳らしい野球をしたい。

    力の差出た試合 英明・香川智彦監督

     序盤良い流れで先制し、その後も良く守ったので相手を焦らすことができたが、中盤以降打てず、追加点を奪えなかった。力の差が出た試合だった。県大会からよく成長したが課題は山積み。

    逆転され悔しい 英明・千原凌平主将

     狙い球を絞り、先制できたのがよかった。守備で良いプレーもあり、勢いで最後まで勝ちきりたかったがミスから逆転されてしまったのが悔しい。黒河は1年生とは思えない投球をしてくれた。

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト