メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
第90回選抜高校野球

21世紀枠県推薦校に市川越 好成績を評価 /埼玉

基礎体力を養う練習で汗を流す市立川越高校の選手ら=川越市旭町2の市立川越高校で

 県高校野球連盟と毎日新聞さいたま支局は7日、来春の第90回記念選抜高校野球大会の「21世紀枠」県推薦校に川越市立川越高校(同市旭町2)を選んだと発表した。

     1930年創部で、現在の部員数は57人。89年の夏の甲子園に初出場した。今秋の県大会決勝では夏の甲子園の覇者、花咲徳栄と対戦し、七回に同点に追いつくなど終盤まで互角の戦いを見せ、関東大会にも出場した。

     県高野連は選考理由について「試合成績が極めて良好ながら、あと一歩で甲子園出場の機会に恵まれない学校で推薦校にふさわしい」としている。21世紀枠は全国9地区の選考会を経て来年1月に3校が選ばれる。

     岡本直希主将(2年)は「気持ちが引き締まる思いです。冬の間にしっかりとしたチームを作り上げ、レベルアップして備えたい」と意気込みを語った。

     同校は26年に川越商業学校として設立。50年に川越商業高校と改称され、2002年に現在の名称になった。女子バレーボールの強豪校としても知られる。【仲村隆】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

    2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

    3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

    4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

    5. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです