メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツナビでもっと見る
第90回選抜高校野球

21世紀枠推薦 県候補、膳所を表彰 /滋賀

センバツ21世紀枠の滋賀県候補校として推薦され、表彰状を手に笑顔を見せる県立膳所高校の石川唯斗野球部主将(左から2人目)や川上昌道校長(左端)ら=大津市膳所2の同校で、小西雄介撮影

 <センバツ高校野球>

     来春の第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)の21世紀枠で県候補校として推薦されることが決まった県立膳所高校(大津市)に20日、県高野連の大久保雅生理事長と毎日新聞社の濱弘明大津支局長が訪れ、表彰状を手渡した。

     膳所高は県内随一の進学校で、文武両道に励んでいることや今秋の県大会で8強入りしたことなどが評価された。甲子園には春3回、夏2回出場しており、2014年にも県の21世紀枠候補校に選出されている。

     この日は濱支局長が推薦決定を伝え、石川唯斗主将(2年)に表彰状を手渡した。石川主将は「選出されて素直にうれしい。これからチーム力を高め、(選抜に出場したら)粘り強く戦いたい」と意気込んだ。

     21世紀枠は今後、各都道府県の候補から全国9地区ごとに候補校1校が選ばれ、来年1月26日の選考委員会で3校が決まる。【小西雄介】

    毎日新聞のアカウント

    3月26日の試合

    話題の記事

    関連サイト