メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回選抜高校野球

センバツ21世紀枠県推薦校 大分舞鶴の表彰式 大分 /大分

21世紀枠の推薦を受けた大分舞鶴高校野球部の部員ら

 来春の第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社など主催)の21世紀枠の県推薦校に決まった大分舞鶴への表彰式が21日、大分市の同校であった。県高野連の後藤雅宏会長が白石圭主将(2年)に表彰状を手渡した。今後、九州各県の推薦校から九州地区候補の1校を選考。来年1月26日の選考委員会で各地区の候補から21世紀枠の3校を決める。

     表彰式では、後藤会長が「推薦校決定を励みに各校の模範になるようなチームになってほしい」とあいさつ。毎日新聞大分支局の安達一成支局長は「文武両道で活躍してきた点が評価されたと感じる。頑張ってください」と激励した。

     大分舞鶴の大久保和弘校長は「大変な名誉。推薦に恥じないような野球をしていきたい」と喜びを語り、白石主将は「とてもうれしい。出場できたら野球で勝って文武両道を証明したい」と話した。【田畠広景】

    毎日新聞のアカウント

    8月10日の試合

    話題の記事

    関連サイト