メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第3部 生き残り懸けて/3 「市立校に活気」起爆剤

今年3月に完成した屋内練習場でトレーニングに励む明石商の野球部員と指導する狭間監督(右)

 体育館のような広さに、床にはドーム球場のような人工芝が敷かれている。明石商(兵庫)に今年3月、明石市の予算で屋内運動場が整備された。「気温が低いと投手はまともに投げ込みができないのでありがたい」。明石商で指揮を執り11年目を迎えた狭間善徳監督(53)は感謝した。

 明石商は、戦後復興と産業の発展を願う明石市民の思いをくんで1953年に設立された市立校。しかし、近年は普通科志向の高まりのあおりを受け、活気が薄れていた。そんな中、目をつけたのが高校野球だった。市は2005年、明石商野球部の監督を公募した。当時、明石市長だった北口寛人・兵庫県議(52)は「県立校に負けないぐらい魅力ある市立校に変えたかった」と振り返る。

 全国からの応募者7人の中から、明徳義塾中(高知)で全国制覇4回の実績を持つ狭間監督が採用された。狭…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文955文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです