メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第3部 生き残り懸けて/5 中学指導者、変革呼ぶ

就任後、初の甲子園となった16年のセンバツで練習を見守る秀岳館の鍛治舎巧前監督(左)=久保玲撮影

 中学生年代の少年野球チームの指導者を監督として招き、一緒に選手も獲得するという手法で一躍有名になったのが、今年の夏まで4季連続甲子園出場を果たした秀岳館(熊本)だ。夏の甲子園を区切りに退任した鍛治舎巧氏(66)は、少年硬式野球チーム「枚方ボーイズ」(大阪)で全国優勝を果たした監督だった。

 鍛治舎氏と秀岳館との出会いは2001年、初出場した夏の甲子園。はつらつとしたプレーが当時、NHKの解説をしていた鍛治舎氏の目に留まった。その後、枚方の選手を送り出すなど縁が続き、14年4月に秀岳館の監督に就任。「熊本のカンフル剤になる」が目標だった。

 16年春に13年ぶりのセンバツ出場を果たし、ベスト4に進出。九鬼隆平(現ソフトバンク)や松尾大河(…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文892文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  2. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  5. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです