メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回選抜高校野球

「21世紀枠」県候補校 青藍泰斗高を表彰 /栃木

表彰状を受け取る青藍泰斗の益子京右主将=佐野市葛生東2の同校で

 来春の第90回記念選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催)で、「21世紀枠」県候補校として推薦された青藍泰斗高(佐野市、永井治寿校長、580人)の表彰式が11日、同校で開かれた。毎日新聞宇都宮支局の古田信二支局長から益子京右主将(2年)に表彰状が贈られた。

     同校が県候補校に選ばれるのは2年ぶり2回目。県高野連は、近年の成績が極めて良好ながら、あと一歩で甲子園出場の機会に恵まれていない点を推薦理由に挙げている。

     永井校長は「何事も勝つことだけではなくプロセスが大切。野球が人間形成につながっていることを忘れず、このまま頑張ってほしい」と激励した。益子主将は「甲子園に向けての日々の努力が認められてうれしい。春夏の大会に向けて一日一日を大切にして練習に取り組みたい」と意気込みを語った。

     各都道府県の候補校は関東・東京地区など全国9地区ごとに1校に絞られ、15日に発表される。さらに来年1月26日の選考委員会で、地区候補9校から出場3校が選ばれる。【李舜】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト