メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県高野連

指導者研修会 元阪急の竹本修氏講師に 大分 /大分

 県内の野球指導者の技量向上を図る「指導者研修会」(県高校野球連盟主催)が17日、大分市芳河原台の県立大分工業高校グラウンドであった。

 今回の講師は、昨年夏に33年ぶりの甲子園出場を果たした尼崎市立尼崎高校の野球部監督で、元阪急ブレーブスの竹本修氏。研修会は2日間。16日にあった講演会では、選手に対して指導者が謙虚に向き合う姿勢や、生徒が人としてきちんとした生活を送ることの大切さを説いた。

 二日目のこの日は、県内各校の野球部監督や指導者、生徒ら計約120人が参加。竹本監督が各高校の監督らを前に実際に投手への技術指導をした。実戦を想定した投球練習では、投球時に注意すべきポイントなどについて動作を交えてアドバイス。各校の監督らはその様子をビデオカメラで収めるなどして、指導のポイントを熱心に学んでいた。

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです