メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回選抜高校野球

行進曲「今ありて」 大会歌、25年ぶり

故・阿久悠さん(左)と谷村新司さん

 <センバツ高校野球>

     3月23日に開幕する第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の入場行進曲が10日、大会歌「今ありて」に決まった。1993年の第65回大会から3代目の大会歌となり、行進曲となるのはこの大会以来25年ぶり。

     90回記念大会に合わせ、今を見つめ直すことで新たな時代の扉が開けるという思いが込められた「今ありて」を採用する。

     「ああ、甲子園」という印象的なフレーズは「津軽海峡・冬景色」「時代おくれ」などのヒット曲で知られ、2007年に亡くなった阿久悠さんが作詞。春らしい前向きなメロディーは「昴」や「いい日旅立ち」など世代を超えて愛される歌を手がける谷村新司さん(69)が、阿久さんの指名で作曲した。

     谷村さんは毎日新聞に「阿久さんがお亡くなりになって時が流れても、春になれば『今ありて』が響いている。年を経るごとに、詞に込められた思いが深く突きささってくるようになりました」とメッセージを寄せた。

     「今ありて」は毎年開会式などで歌い継がれ、08年の第80回大会の開幕前イベントでは、谷村さんが兵庫・神戸山手女子高の生徒らとグラウンドで歌ったこともある。【青木純】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

    2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

    3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

    4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

    5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです