メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球規則改正

申告敬遠、「反則投球」解釈変更 東京五輪へ「国際化」

1999年6月12日、巨人戦の延長十二回、槙原寛己の敬遠球を打ち、サヨナラ勝ちをもたらした阪神の新庄

 キーワードは「国際基準」だった。11日に東京都内で行われた野球のプロ・アマ合同規則委員会では、申告敬遠の導入や「反則投球」の解釈変更などを、今年の公認野球規則に反映させることを決めた。

 全日本野球協会の中本尚規則委員長は規則の改正理由について、「2020年東京五輪での野球競技復活に向け、国内での競技ルールと米大リーグ、国際大会での判定、運用に食い違いがあってはならない」と話した。「申告敬遠制」は昨季導入の米大リーグに続き、今年の主な国際大会でも採用されるという。

 この日の委員会では「国内球界全体として取り組むべき課題」として、ダッグアウト前での投手らのキャッチ…

この記事は有料記事です。

残り2015文字(全文2300文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おやつカンパニー ベビースターラーメンアイス29日発売
  2. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  5. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]