メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球規則改正

申告敬遠、「反則投球」解釈変更 投手のリスク軽減 元中日、ロッテ投手・牛島和彦さんの話

 元中日とロッテの投手で、横浜(現DeNA)で監督も務めた牛島和彦さん(56)が、申告敬遠について語った。

     ◇

 申告敬遠を選択するか、4球投げて敬遠するかを選ぶことができるようになるが、投げないで申告敬遠を選ぶケースが多いだろう。

 投手、監督の立場としてはリスクは最小限に抑えたい。制球力のな…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文371文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
  4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]