メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第4部 カントク模様/1 保護者に熱意伝える

普段は渋滞に巻き込まれないバイクで移動する岡田監督

 多彩な顔を持つ高校野球の監督。働き方改革が叫ばれる今、教員の負担軽減を目的に外部指導者の活用も議論されている。2013年の規制緩和で教員資格がないプロ経験者も指導ができるようになった。第4部では、それぞれに奮闘する監督の姿を追う。

 昨年12月、冬休み期間中の日曜日も、履正社(大阪)の岡田龍生監督(56)は午前8時半にはすでに学校にいた。選手の保護者と面談するためだ。「食べることとトレーニングがうまくかみ合わないとダメです」などアドバイスを送る。この日は3組の保護者と話をした。

 面談は2年生16人の保護者と個別に、新チーム結成後の週末に行う。内容は卒業後の進路から食事管理、家…

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1083文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです