メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第4部 カントク模様/2 元プロ、結果求められ

学校前で坂道を駆け上がる選手たちを見守る岡本監督

 「2016年・基礎体力作り 17年・夏の和歌山大会ベスト4、(翌春)選抜出場 18年・夏の甲子園出場」。16年4月に開校した和歌山南陵のオープンスクールのチラシに記されている。達成に向け、日本ハムやオリックスで2軍監督を務めた岡本哲司監督(56)が招へいされた。

 13年度から、プロ野球経験者は研修会を受講すれば、学生野球の指導に必要な資格回復が可能になった。従来条件の2年間の教員歴から緩和。日本高校野球連盟によると、昨年までに1085人の元プロ(独立リーグを含む)が資格を回復。1月5日現在で22人が監督を務めている。

 16年2月に資格回復していた岡本監督は和歌山出身で、プロでの豊富な指導経験を買われた。昨夏は和歌山…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1091文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです