メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第4部 カントク模様/6止 地区で連携、底上げ

北信越地区の監督同士で連携して強化を目指す星稜・林監督(手前)=日向梓撮影

 現場を預かる監督たちは環境の変化に敏感だ。北信越地区では、過疎と少子化で野球人口そのものが減る一方、有望な選手は関東や近畿など県外に流れているという。春夏合わせて29回の甲子園出場を誇る星稜(石川)の林和成監督(42)ですら、不安を漏らす。「もう今は1強多弱では高校野球は発展しない。10年後ですらどうなるかわからない」

 指導者が集まる場で北越(新潟)の小島清監督(42)が林監督に声を掛けたのは約5年前のことだった。「…

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文924文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです