メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツナビでもっと見る
第90回選抜高校野球

東海大相模、喜び 7年ぶり10回目「優勝目標に」 /神奈川

センバツ出場が決まり、大喜びする東海大相模の選手たち=相模原市南区で2018年1月26日午後4時5分、小出洋平撮影

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

     第90回記念選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催)の出場校を決める選考委員会が26日、毎日新聞大阪本社であり、県内からは東海大相模と慶応が選ばれた。東海大相模は7年ぶり10回目、慶応は9年ぶり9回目のセンバツ出場となる。知らせを受けた両校では選手らが喜びの声を上げ、憧れの舞台での活躍を誓った。組み合わせ抽選会は3月16日に行われ、大会は同23日に開幕。兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で紫紺の大優勝旗を目指して出場36校が熱戦を繰り広げる。

     午後3時15分ごろ、校長室の電話が鳴り、一斉に報道陣のカメラのフラッシュがたかれた。大金眞人校長(66)は「ありがたくお受けします。関東代表の名に恥じないようにしっかりと頑張らせます」と笑顔を見せた。

     選手は授業終了後、練習着姿でグラウンドに整列。大金校長が「勝つだけではない相模らしい野球を全国に示してほしい」と激励。選手たちは「ありがとうございました」とお礼を述べ、写真撮影に入ると大声を出して喜びを表現した。

     門馬敬治監督(48)は「(昨夏の県大会決勝で)流した涙を力にしたチーム」と語り、小松勇輝主将(2年)は「素直にうれしいが、選ばれたからには責任がある。優勝を目標にやっていく」と気を引き締めた。エースの斎藤礼二投手(2年)も「勝つために投げ、優勝を目指す」と頂点を見据えた。

     吉田元登(げんと)三塁手の母美千代さん(45)は「まめにコツコツとやってきて、やっと一歩、夢に近づいた」と感動していた。50年近くバックネット裏でチームを見守る前田昭男さん(81)は「このチームはデータから見ても打線のつながりがある。出場校はどこも実力的な差はないので、頑張ってほしい」とナインの活躍を心待ちにしていた。【杉山雄飛、高橋和夫、堀和彦】


     〓…東海大相模…〓

     1963年に開校した私立校。元衆院議員の故松前重義氏によって創立された「望星学塾」を礎とする東海大学付属高校の一つで、男女1621人が学ぶ。部活動が盛んで、全国大会3冠を達成した柔道部をはじめ、バスケットボール部など全国レベルの実力を誇る運動部が多い。柔道部は五輪金メダリストの山下泰裕さん(ロサンゼルス五輪)や井上康生さん(シドニー五輪)らを輩出している。学校創立と同時に創部された野球部は甲子園に春夏通算19回出場し、11年春や15年夏など全国優勝4回を誇る。OBには、巨人の原辰徳元監督や菅野智之投手、中日の小笠原慎之介投手などプロ野球選手が多数。相模原市南区相南3の33の1、大金眞人校長。


    東海大相模の昨秋戦績

     <北相地区予選>

     ○10-0 麻布大付

     ○11-1 大和南

     ○16-0 柏木学園

     <県大会>

    2回戦  ○7-0 戸塚

    3回戦  ○8-0 横須賀総合

    4回戦  ○6-3 向上

    準々決勝 ○7-0 磯子

    準決勝  ○7-0 桐光学園

    決勝  ○12-0 慶応

     <関東地区大会>

    準々決勝 ○12-1 作新学院

    準決勝  ● 2-3 中央学院


    県歴代出場校と戦績

     1回(1924年)横浜商   1回戦

     2回(  25年)横浜商   2回戦

     3回(  26年)横浜商   1回戦

     8回(  31年)神奈川商工 2回戦

    10回(  33年)横浜商   1回戦

    15回(  38年)横浜商   1回戦

    16回(  39年)浅野中   2回戦

    23回(  51年)湘南    1回戦

    26回(  54年)湘南    2回戦

    32回(  60年)慶応    準々決勝

    33回(  61年)法政二   優勝

    34回(  62年)鎌倉学園  準々決勝

    41回(  69年)鎌倉学園  1回戦

    42回(  70年)東海大相模 2回戦

    45回(  73年)横浜    優勝

    46回(  74年)横浜    2回戦

    47回(  75年)東海大相模 準優勝

    54回(  82年)横浜商   準決勝

    55回(  83年)横浜商   準優勝

              桐蔭学園  1回戦

    56回(  84年)法政二   2回戦

    57回(  85年)横浜    2回戦

    60回(  88年)桐蔭学園  準決勝

    61回(  89年)横浜商   準決勝

              横浜商大高 1回戦

    62回(  90年)日大藤沢  2回戦

    64回(  92年)東海大相模 準優勝

              横浜    1回戦

    65回(  93年)横浜    2回戦

    66回(  94年)横浜    2回戦

              桐蔭学園  1回戦

    67回(  95年)東海大相模 2回戦

              桐蔭学園  1回戦

    68回(  96年)横浜    1回戦

    69回(  97年)横浜商   1回戦

    70回(  98年)横浜    優勝

              日大藤沢  準決勝

    71回(  99年)横浜    1回戦

    72回(2000年)東海大相模 優勝

    73回(  01年)桐光学園  3回戦

    75回(  03年)横浜    準優勝

              桐蔭学園  2回戦

    77回(  05年)慶応    準々決勝

              東海大相模 2回戦

    78回(  06年)横浜    優勝

              東海大相模 2回戦

    79回(  07年)日大藤沢  1回戦

    80回(  08年)横浜    2回戦

              慶応    2回戦

    81回(  09年)慶応    1回戦

    82回(  10年)東海大相模 1回戦

    83回(  11年)東海大相模 優勝

              横浜    1回戦

    84回(  12年)横浜    準々決勝

    86回(  14年)横浜    1回戦

    毎日新聞のアカウント

    3月25日の試合

    話題の記事

    関連サイト