メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回選抜高校野球

県勢3校、聖地へ向け始動 膳所、吉報から一夜 多様なバットで練習 /滋賀

下半身の使い方を意識してバッティング練習をする膳所の選手たち=大津市の同校第2グラウンドで、森野俊撮影

 <センバツ2018>

     膳所の選手たちは午後1時ごろ第2グラウンドに集合。この日も多くのマスコミ取材を受けてから練習をスタート。選手たちは、重さや長さ、グリップの太さが異なるバットを使い、靴を履かずに滑りやすい状態で下半身を意識するティー打撃を中心に汗を流した。

     2012年卒業で野球部OBの京都大大学院1年、駒村智史さん(23)は「みんなが待ち望んでいた久しぶりの甲子園。堂々と自分たちの野球をしてきてほしい」と話していた。【森野俊】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト