メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回選抜高校野球

サイズ選び、入念に 聖光ナイン、ユニホーム試着 /福島

甲子園でかぶる帽子のサイズを選ぶ選手たち=桑折町成田で

 <第90回センバツ>

     来月23日に開幕する第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)に向け、聖光学院のナインらは3日、甲子園用に新調するユニホームなどのサイズ合わせをした。選手たちは真っ白なユニホームを手にとりながら、甲子園に向けて気持ちを引き締めた。

     練習後、ナインらは桑折町のグラウンド脇にある教室に集まりユニホームや帽子、スパイクなどの試着をした。春のユニホームは寒さ対策のため、夏よりも厚手の生地を使用。帽子は甲子園用に5ミリ単位のサイズを用意し、プレー中にずれにくいようにしている。

     選手たちはユニホームに袖を通すと、腕を回したり屈伸したりして自分にあったサイズを探していた。五味卓馬選手(2年)は「普段使っている帽子よりもフィットします」と笑顔。上石智也投手(同)は「入学時はMサイズが少し大きかった。今は同じサイズがきついです」と1年間の成長を実感していた。【高井瞳】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト