メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミレニアムの球児たち

センバツ90/11 静岡・2年 村松開人遊撃手 不動の1番「兄超える」

=渡部直樹撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

     自身2度目の甲子園に臨む、1番打者だ。「50メートル走で6秒を切る」という走力と、安定した打力が傑出している。

     昨春のセンバツは21世紀枠の不来方(こずかた)との1回戦で3打数2安打、優勝した大阪桐蔭との2回戦は1安打。栗林俊輔監督は「昨春の経験で自信をつけ、秋で高い能力を更に伸ばした」と成長を喜ぶ。

     「小田さんの助言が自分の成長に大きかった」と感謝するのが、OBの小田義人コーチの存在だ。プロ野球・日本ハムで打率3割超を残したシーズンがあり、ヤクルトのスカウト部長も務めた小田コーチ。大リーグで活躍した青木宣親をはじめ、アベレージヒッターの育成に定評がある。

     昨秋の東海大会も「不動の1番」として活躍した。初戦のいなべ総合(三重)戦は一回に二塁打で出塁し、両チーム唯一の得点となるホームを踏んだ。中京学院大中京(岐阜)との準決勝、東邦(愛知)との決勝はともに適時打を含む4安打。特に決勝は先頭の3打席いずれも安打を放って本塁に生還した。

     「1番打者の役割は、盗塁があると思わせて、投手や相手守備に圧力をかけること」。積極的に次の塁をうかがう姿勢も徹底している。

     3学年上の兄で左腕投手の遼太朗(立正大)は、静岡が3年前のセンバツで8強入りした時のメンバーだ。「ずっと追いかけてきた。ベスト4入りし、兄を超えたい」。その思いを胸に、甲子園に乗り込む。【上鵜瀬浄】=つづく

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

    2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

    3. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

    4. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

    5. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです