メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点めざして

第90回記念選抜高校野球・智弁和歌山 応援メッセージ 上中宏記さん(39) /和歌山

 <センバツ高校野球>

    けが人なく順調 智弁和歌山野球部OBで、現在はトレーナーとしてチームを支える上中宏記さん(39)=海南市

     1996年に春夏連続で甲子園に出場しました。今は柔道整復師として海南市重根で「うえなか接骨院」を開業し、来院する選手にマッサージなどをしています。先日は選手12人が一度に訪れ、大忙しでした。今のところ、けが人もなく順調に調整できているのではないでしょうか。

     これまで夏の甲子園などできる範囲でチームに帯同し、センバツでも選手と同宿してサポートする予定です。

     今のチームはコンスタントに打つことができ、エースの平田龍輝投手も安定しています。センバツでは2番手、3番手の小堀颯、池田陽佑両投手が大舞台での緊張をどう乗り越えられるかが鍵になると思います。

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト