メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第5部 変わる常識/2 用具 多様化、けが防ぐ

目を守るためスポーツ用眼鏡を着用してボールをトスする水口東の選手

 甲子園に金属バットが登場したのは1974年夏。木製より「折れにくく経済的」という理由だった。一方で、強い打球を受けた部員の事故も増えた。日本高野連は打撃投手にヘッドギアの着用を義務づけている。ほかにも、心臓の打撲を防ぐ「胸部保護パッド」や打者の脚や肘を守るガードなど、球児が身につける防具は年々増えている。最近では、顔面を守るフェースガードやスポーツ用眼鏡も人気だという。

 フェースガードは、捕手マスクのような顔全体を覆う用具。内野守備の際、強い打球やイレギュラーバウンド…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文935文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです