メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストロングスタイル!

センバツ・おかやま山陽 ワシら、ライバルじゃ チーム内で切磋琢磨 /岡山

おかやま山陽の正捕手のポジションを争う、川上雅稀捕手(左)と小川皓大捕手=岡山県浅口市金光町で、益川量平撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

     第90回記念選抜高校野球大会に出場するおかやま山陽は、チーム内の競争も激しい。切磋琢磨(せっさたくま)するライバル3組にスポットを当てた。【益川量平】

    性格は対照的 川上雅稀捕手、小川皓大捕手

     正捕手のポジションを争うのが、川上雅稀(まさき)捕手(2年)と小川皓大(こうた)捕手(同)。真面目で飾り気のない川上捕手、ギャグで雰囲気を和らげる小川捕手と対照的な性格の2人は、競い合ってレベルアップしてきた。

     「入部前から、うまい捕手がおかやま山陽に行くとうわさで聞いていた」と2人は口ををそろえる。一歩先に出たのは川上捕手だ。昨夏の甲子園でベンチ入りを果たし、昨秋の県大会と中国地区大会ではレギュラーの座を確保した。小川捕手は「常に川上は俺の前にいた。悔しくて仕方なかった」と胸の内を明かす。

     一方、川上捕手にとって、底抜けに明るい小川捕手の存在は脅威でもある。「声もすごく大きく、どんな状況でも投手を気持ち良く投げさせることができる。俺はすぐに顔に出てしまう。気が付けば雰囲気が悪くなって……」。なるべく笑顔を作り、チームを盛り上げようと努めている。

     小川捕手は、食事中などに甲子園の話になると「背番号2は俺が取る」とライバルにプレッシャーをかける。それでも、川上捕手の配球センスや送球技術には一目置いている。練習後、一緒に部室で試合の録画映像を見て配球の意図を聞いてみたり、送球のフォームをこっそりまねしてみたりする。「負けたくないが、技術はあいつの方が上です」と謙虚な姿勢を見せ、必死に練習に励んでいる。

     互いに実力を認め合う両者は、全体練習後にある自主練習の常連だ。どちらかが練習から早く帰ると「差を付けられる」とにやりと笑う。寒空の下、今日も2人は白い息を吐きながら白球を追い掛けている。

    火花散る中軸 井元将也選手、森下浩弥選手

     中軸の2人も火花を散らす。パワーヒッターで4番の井元将也(しょうや)選手(2年)と、柔軟性がある打撃が売りで3番の森下浩弥(ひろや)選手(同)。昨秋の公式戦でチーム打点の4割を挙げた2人は、「互いに負けられない」と競争している。

     昨夏の甲子園では、2人は上級生を押しのけて3、4番に座った。しかし、全国の舞台では辛酸をなめた。低めのボール球に手を出し、バットに当たっても芯で捉えられなかった。

     ユニホームを脱げば仲良しの2人。学校の休み時間には、森下選手が井元選手に長打力の秘訣(ひけつ)を探り、井元選手が森下選手に緩急への対応を聞くことも。昨夏の悔しさを晴らすため、互いの長所を取り入れながら上達しようとしている。

    体格が相似形 利光康生選手、小野凌選手

     似た体格で意識し合う2人もいる。二塁手で2番の利光康生(こうせい)選手(2年)と、外野手で9番の小野凌選手(同)。2人とも身長160センチ前半と小柄だが、好守巧打が持ち味だ。

     入部時から「同じ体格の選手がいる」と思っていた2人は、気が付けばストレッチなどを一緒にこなす間柄になった。「打撃力を磨かないとレギュラーは取れない。体格的に長打力を伸ばすよりも、単打を狙った方が良い」。言葉は交わさなかったが、2人が考えていたことは同じ。どうすればヒットを重ねられるか互いにアドバイスを送りながら、交代でトスを上げて打撃練習の相手を務めた。

     昨秋の公式戦の打率は互いに4割4分台とチーム屈指のヒットメーカーになった。入部後、「レギュラーを取ろうや」と誓い合った2人はチームに欠かせない選手へと成長している。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト