メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

開閉会式の司会、高校生3人決まる

センバツの司会に決まった山梨学院高の広瀬久実さん=山梨学院高で、2018年2月16日、井川諒太郎撮影

 阪神甲子園球場で3月23日に開幕する第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の第3回運営委員会が28日、大阪市の中沢佐伯記念野球会館であり、開閉会式で司会を務める高校生が決まった。

     開会式は、熊本一3年の成松海悠さん(第64回全国高校放送コンテスト・朗読部門優勝)と、山梨学院3年の広瀬久実さん(同アナウンス部門優勝)の2人が務める。閉会式は北斗(青森)2年の木村太飛さん(同朗読部門優秀)に決まり、開会式の国歌独唱は、水戸三(茨城)3年の冨永春菜さん(第71回全日本学生音楽コンクール・声楽部門高校の部1位)が務める。開会式の入場行進は、前回覇者の大阪桐蔭を先頭に、同準優勝で連続出場を逃した履正社(大阪)の浜内太陽主将に続き、残る出場35校が北から順番に行う。

     甲子園練習初日の18日午後1時からは、甲子園で野球の楽しさを体感するイベント「キッズフェスタ」があり、渡辺元智・横浜元監督や山下智茂・星稜元監督らが小学生に指導する。238人の応募があり、抽選で約100人を選ぶ。組み合わせ抽選会は16日午前9時から毎日新聞大阪本社オーバルホールで開かれる。【浅妻博之】

    毎日新聞のアカウント

    8月17日の試合

    話題の記事

    関連サイト