メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英明再び

選手紹介/2 奥野尚弥二塁手(2年)/中村太陽捕手(2年) /香川

 <第90回記念選抜高校野球>

    堅実な守りに信頼厚く 奥野尚弥二塁手(2年)

    英明の奥野尚弥選手=潟見雄大撮影

     堅実な守りが武器の「内野の要」と、香川智彦監督からの信頼も厚い。昨秋の大会でも好守で何度もチームの危機を救った。

     神戸市出身。自ら英明を選んで進学した。苦手な打撃の強化と、甲子園にとにかく行きたいとの思いが決め手になった。県外出身の選手で唯一寮に入らず、下宿している。

     好きなプロ野球選手は、ヤクルトの山田哲人内野手。走攻守そろった理想の選手として、打撃のタイミングの取り方を参考にする。

     将来就きたい仕事は公務員。野球だけでなく、勉強にもしっかり取り組む。座右の銘は「気にしたら負け」。試合中にミスをしても引きずらず、切り替えるための言葉だ。「甲子園ではなんとか1勝」と決意を語る。

    チーム救う正確な送球 中村太陽捕手(2年)

    英明の中村太陽捕手=潟見雄大撮影

     扇の要として1年生右腕の黒河竜司投手を支える。昨秋の大会では正確な送球でチームをたびたび救った。

     身長165センチと体は大きくないが、昨秋の県大会決勝で本塁打を放つなどパンチ力が持ち味だ。「打撃の方が好き。甲子園では力強い打撃がしたい。本塁打も打ちたい」と語る。

     好きなプロ野球選手は西武の森友哉捕手。小さい体でも遠くに飛ばす力に憧れる。「試合で緊張したことがない」というが、負けず嫌いとも自己分析する。

     徳島県藍住町出身。小学生の時はドッジボールのチームに入っていたこともあり、遠投110メートルの強肩につながった。野球と同じぐらいサッカーも好きで、特に海外サッカーのチェックは欠かさない。

    毎日新聞のアカウント

    8月17日の試合

    話題の記事

    関連サイト