メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回選抜高校野球

センバツプラカード 大分南高書道部、東筑揮毫 /福岡

「東筑」を筆で書き上げた大分南高書道部の木城さん

 <センバツ高校野球>

     第90回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)が23日に阪神甲子園球場で開幕するのを前に、昨秋の国際高校生選抜書展(書の甲子園)で全国優勝した大分県立大分南高校(大分市)の書道部が、開会式のプラカードに使う九州の出場校4校の校名を揮毫(きごう)した。

     今年のセンバツには、福岡、長崎から各1校、宮崎から2校が出場する。揮毫は同部の1~3年生4人が1人1校ずつ担当した。

     東筑(福岡)を担当した木城愛雪さん(3年)は「2文字のバランスを意識しつつ、少しでも勝ち上がれるように力強く書きました」と語った。【安部志帆子】

    〔北九州版〕

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト