メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’18センバツ・高きを仰ぐ

静高2年連続の挑戦 選手紹介/29 捕球の技術は抜群 安竹俊喜選手(1年) /静岡

安竹俊喜選手

 <第90回記念選抜高校野球>

     176センチ66キロと、捕手のイメージに合わない細身な体格。しかし捕球の技術は抜群で、主将の黒岩陽介捕手(2年)からも「キャッチングがうまいな」と評価される。「とにかくミットを止めること」と「投手に気持ちよく投げてもらうこと」の二つを心がける。

     「ボールを投げると、普通は重力に従って少し下がる。手を少し下から上げるイメージで」。親指と人さし指の間のミットの芯でボールを捉えると、「パン」とはじけるような乾いた音が響く。渡辺奏太投手(1年)は「安竹に投げると『今日は調子がいいな』と思える」と話す。

     小学生の時、2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を見て野球に興味を持った。近所の少年野球クラブに入り、コーチに「やってみないか」と声を掛けられたのをきっかけに、捕手になった。

     今は体重を増やそうと一日2キロ以上のご飯を平らげる。「体ができればキャッチングもまだまだ磨ける。打撃も走塁もそろった選手になりたい」【大谷和佳子】=つづく

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

    2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

    3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

    4. 関電金品受領問題 後任社長人事にも影響 調査次第で「候補者全滅」も

    5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです